事故物件専門の不動産業者

事故物件とは、「訳あり」や「いわくつき」の不動産物件のことをいいます。

過去に殺人事件や自殺や孤独死があったり、火災や倒壊事故などがあった物件が当てはまります。他にも、住宅ローンが支払えずに競売となった物件や、近隣に暴力団事務所やカルト宗教団体などがある物件も含まれます。

ここでは、事故物件専門の不動産業者について解説していきます。

買取→売却の流れ

事故物件専門の不動産業者といっても、業務内容は一般的な不動産業者と何ら変わりはありません。所有者に依頼された物件を、購入希望者に紹介して売買契約を結び、収益を計上しています。

しいて言うならば、物件の所有者からの「買取」業務が多くなる点かもしれません。事故物件は、相場よりも30%から50%ほど安くなる傾向があります。しかも買取であれば、より安く物件を購入することが可能です。

安く買取した物件は、建て替えやリフォームを施した後に、売却物件として市場に出します。事故物件のため、購入者に対しての告知義務はありますが、それでも相場よりも安い価格で手に入るため、むしろ積極的に事故物件を購入する人もいるほどです。そのため、事故物件専門の不動産業者が成立するのです。

買取が多くなる理由

事故物件は、そのまま市場に出しても販売価格が安くなるだけでなく、購入希望者から敬遠される場合があります。そのため、処分に困った所有者から買取という形で不動産業者に売却されます。

自分たちで居住したり、賃貸物件として貸すことができれば良いのですが、大抵は手付かずのまま、固定資産税を支払うだけの物件となっていることが多いせいかもしれません。

事故物件専門の不動産業者運営事務局