海外FX・ゼロカットシステムで起こり得る3つのデメリット

海外FXのゼロカットシステムのメリットとして、次の3つが考えられます。

メリット①追証(追加証拠金)による負債が発生しない
メリット②大胆なトレードをすることもできる
メリット③メンタルを保つことにつながる

ここでは、海外FX・ゼロカットシステムで起こり得る、3つのデメリットを紹介していきます。

海外FX・ゼロカットシステムで起こり得る3つのデメリット

デメリット①取引が雑になりやすい

海外FXのゼロカットシステムでは、追証(追加証拠金)による負債を避けることは可能ですが、トレードによるマイナス分は別の話です。

あくまでも口座残高がマイナスになった際に、ゼロカットシステムが発動し、リセットされるだけに過ぎません。

中には、ゼロカットシステム=リスクオフと考えてしまい、損切りラインなどを疎かにし、迷走したギャンブラーのごとく、無謀なチャレンジを繰り返すケースもあるようです。

デメリット②国内FXと比較して手数料が高めである

海外FX会社は、ゼロカットシステムを採用する代わりに、スプレッド(手数料)で利益を上げる手法で運営されています。
そのため、国内FX会社と比較して、手数料が高めとなる傾向があると言えるでしょう。

デメリット③FX会社の倒産や経営破綻で証拠金が返還されない事も

海外FX会社は、国内FX会社と異なり、必ずしも信託保全が義務付けられているとは限りません。そのことから、FX会社の倒産や経営破綻で、証拠金が返還されない事もあり得ます。

2015年1月16日にはスイスフランショックにより、アルパリ(UK)Limitedが経営破綻となっているほどです。これは損失をゼロカットシステムにて補填したことと無関係ではないでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です